【上半身と下半身のサイズが違う下半身デブを脱却しよう】

下半身だけ痩せるサプリメント

全身美人計画

女性に多い下半身太りの原因は?

腕や胸に比べてお尻、太もも、ふくらはぎがどっしりとしたいわゆる下半身太りは女性に多い太り方です。
しかし、普通のダイエットでは、下半身だけ都合よく痩せることは難しく、トップスはMサイズになったのにボトムスはLサイズのまま、上半身がより貧相になってしまった、なんてことも。
普通のダイエットで下半身痩せが難しいのは、下半身太りの原因のほとんどが「水分」だからです。
食事制限をしたり、運動をして脂肪燃焼に努めても、全身の体重の減少には効果があるかもしれませんが、下半身太りの解消にはつながらず、アンバランスさに拍車をかけてしまうこともあります。

下半身太りには、脂肪燃焼よりも水分代謝の方が重要。
「むくみ」を解消するダイエット方法じゃないと思ったような効果は望めません。

サプリメントのメリット

むくみ解消に効果のある成分の一部は食べものから摂ることも可能です。
カリウムはスイカやアボカドから摂取できますし、ポリフェノールは赤ワインやチョコレートに豊富に含まれています。また、地域によっては明日葉もスーパーで買える場合もあります。
しかし、毎日これらの食材を使った食事を続けることは難しいですよね。
必要な成分以外も含まれていますし、上手に組み合わせないと栄養が偏ったり、カロリーオーバーになってしまうことも。

サプリメントなら必要な成分だけがギュっと凝縮されているので、理想的な形で摂取することができます。
サプリメント代がネックになるかもしれませんが、食材を揃えるよりも却って費用は抑えられると思います。

本気で下半身痩せを実現したいならサプリメントが一番効果的かつスピーディです。

お尻、太もも、ふくらはぎだけ太くなる原因と解消法

上半身は普通なのに、お尻、太もも、ふくらはぎだけ太くなってしまうのは、下半身のむくみやすさに関係があります。
むくみは、顔にも表れますが、時間が経てば元に戻ることがほとんどです。下半身のむくみも一晩経てば元に戻ったかのように見えますが、実は老廃物が排出しきれていないことも。
むくみが解消しないまま、また一日のむくみを抱え込んでしまったら、さらに老廃物が蓄積されていき、やがてセルライト化という最悪のコースをたどってしまいます。
顔は鏡でチェックする回数も多いのでちょっとした変化に気づきやすいですが、足はなかなかそうはいきません。 むくみがとれていないことに気付かず、放置してしまったら、下半身太りに拍車がかかってしまいます。

下半身のむくみはちょっとしたことですぐに引き起こされます。



立ちっぱなしや座りっぱなしで同じ姿勢を長時間続けていると、重力によって下半身に水分と毒素が溜まり、むくみやすくなります。
女性は足の筋力が弱いので、下半身に溜まった水分や老廃物を上半身に押し戻す力が足りず、むくみを解消できないまま1日が終わることも少なくありません。

また、自律神経のバランスが乱れることによってむくみを引き起こしやすくなります。
自律神経は緊張状態だと交感神経が、リラックス状態だと副交感神経が優位になります。
交感神経は全身の血管の周りに張り巡らされていて、緊張状態やストレスなどを感じると血管を締め付けてしまう働きがあるのです。
それにより血流が阻害され、結果むくみを生じやすくしてしまいます。

さらに、女性の場合、ホルモンバランスも大きく影響します。
生理前は女性ホルモンが水分をため込もうと働きかけるため、一時的にむくみやすく水分代謝の悪い体に傾きます。
個人差はあるものの、多くの女性がむくみに悩まされる時期です。

その他、塩分の取り過ぎ、アルコール、喫煙など様々な要因によってむくみは引き起こされます。

こうしたむくみの蓄積や女性ならではの性質によって、お尻や太もも、ふくらはぎが太りやすくなるのです。

下半身太りの発端のむくみを改善しよう

上半身と下半身のサイズの差が激しい下半身太り体型はほとんどの場合、このようなむくみが発端になっています。
体質的にむくみやすい人は慢性的な水太り状態で、何もしないで放置するとやがてセルライトとなり、ますます下半身太りに拍車をかけてしまうのです。

セルライトは気付かない内に付いていることが多いのが怖いところ。

鏡で見た時に一見気付かなくても、後姿を見た時に裏ももからお尻にかけてびっしり付いていた・・・なんてことも。

下半身太りだけじゃなく、セルライトも解消したいなら、何よりもまずむくみ対策をすることが近道です。

下半身太りチェックリスト

下半身太りはほとんどむくみが原因です。
自分のむくみやすさの原因をチェックすることで下半身痩せのヒントを得ましょう。

冷え症である
冷え症の方のほとんどは、むくみもセットになって体に表れています。
冷えると血液、リンパ液の流れが悪くなり、細胞間に水分が溜まってしまいます。
母親が
むくみやすい体質
体質は母親からの遺伝することが多いようです。
母親が下半身太りの場合、むくみやすい体質が遺伝したと言えます。
遺伝だから下半身太りから逃れられないわけではなく、むくみ対策をすればスッキリすることも可能です。
ストレスを
感じやすい
むくみは、自律神経にも深い関係があります。疲れが取れない時、寝不足の時にむくむのはこのためです。
自律神経は、緊張をつかさどる交感神経とリラックスを司る副交感神経から成り立っています。交感神経は血管を収縮させ、副交感神経は血管を拡張させる作用があるため、ストレス状態が続くと、体内の巡りを悪くし、むくみを発生させてしまうのです。
30代以上
年齢とともに下半身にボリュームが出やすくなります。
これは、20代をピークに基礎代謝が減り、血流やリンパ液の巡りも悪くなるからです。
年齢によるむくみを解消するためには、運動や食事などで代謝の良い体作りをする必要があります。
腰痛、
婦人系疾患がある
体をどこかにぶつけてしまった時に腫れ上がるのと同様、腰痛、肩こりなどの痛みによっても腫れ(むくみ)は引き起こされます。
肩こりの場合は顔が、腰痛の場合は下半身がむくみやすくなります。
子宮内膜症などの夫人系疾患でも子宮周りに水分が溜まりやすくなります。
お酒、
味の濃いものが好き
塩分を摂り過ぎると体が水分をため込もうとするので、濃い味付けの食事を好んで食べる方は、むくみやすいと言えます。
また、アルコールもむくみを引き起こしやすくします。
偏食
ダイエット中、好き嫌いが多い、等の理由で、摂取する栄養に偏りがあると、むくんでしまうことがあります。
たんぱく質が不足すると血液中の水分が細胞へ浸み出しやすくなり、むくんでしまいます。
また、ビタミンB1が不足すると、代謝機能が落ち、むくみの原因となる老廃物が回収、排出されにくくなります。
運動不足
同じ姿勢が続くと、下半身に水分や老廃物が溜まりますが、筋肉があれば、筋肉の収縮運動によって上半身に押し戻してくれます。
しかし、運動不足によって筋肉量が少ないと、上半身に押し戻す力が足りず、下半身のむくみが解消されません。
あまり水分を
摂らない
むくみの正体は水分なので、だったら飲まなければむくまないかも?と言うのは間違った考え方。適量を飲んで尿や汗として出さないと体の巡りが悪くなってしまいます。目安は食事の際の水分を含めて1日1.5~2リットルです。

日本人女性のほとんどが上半身より下半身にボリュームがあるようです。
原因の多くはむくみなので、水はけの良い体を作れば下半身デブから脱却できます。
こういう体質だから・・・とあきらめず、できることから始めましょう。

下半身のセルライトを落とすのもむくみ対策から

セルライトは、むくみやすい下半身、特に太もも、お尻にできやすく、日本人の約8割にあると言われています。
皮膚表面がボコボコとしていて見た目にも悪く、一度できるとなかなか解消できない美容の大敵です。
お尻から裏ももにかけてできやすいので、前面から見ただけでは一見分かりにくく、後姿を見てはじめて気づく場合も多いようです。
また、表面的に出ていなくても皮下で着々と育っている場合も。お尻や太ももを雑巾のように絞ってみてボコボコが浮き上がってきたら黄色信号です。

セルライトはむくみによる余分な水分や老廃物が脂肪細胞に付着してかたまり状になったものです。

女性は、元々、女性ホルモンの影響で脂肪が付きやすく、また、水分をため込みやすくできているので、根本原因が多いと言えます。

実際に普通体型の男性にセルライトができることは少ないですが、女性は、ぱっと見太っていなくても脂肪過多体質の場合もあり、細いのにセルライトが多い、と言う方もいます。

セルライトの塊ができてしまうと、局所的にリンパの流れを阻害していまうので、さらにむくみやすく、よりセルライトのできやすい悪循環が出来上がってしまいます。

セルライトの根本原因はむくみにあるので、予防、解消のためにむくみ対策を投じましょう。

なかなか落ちにくい厄介な存在ですが、エステに行かなくても、サプリメント&マッサージで軽減できます。

セルライトがひどくなる前に対策しましょう。

「無自覚冷え」が下半身デブを作っている

冷え症の方はほとんどの場合、むくみもセットで発生します。
冷えは血管を収縮させ、体内の巡りを悪くするのでむくみを引き起こすのです。
むくみは下半身に出やすいので、冷え性の方は下半身が太りやすくなる傾向にあります。
下半身デブから脱却するには、むくみを引き起こす冷え性を改善することも重要です。

私は手足が冷えないし、体温も平均から大丈夫、と思っていても安心はできません。
自覚がないだけで、実は冷え症だったと言うこともあるのです。

無自覚な冷え症の方は、平均的な体温で、手足は暖かいにもかかわらず、内臓の温度は低い傾向にあります。

わきの下で計る体温は表面的な体温ですが、内臓の温度は肛門から直腸の温度を測らなくてはならないので、自分の内臓の温度を知らない方は多いと思います。

内臓の温度は、お腹に手を当てることで判断できます。
おへそを境に片方の手をおへそ上に、もう片方をおへそ下に当ててみてください。
どちらが温かいでしょうか?
このとき、おへその上部の方が冷たければ、あなたは内臓温度が低い=無自覚冷え症と言えます。

温度の差が分かりにくいと言う方は以下のチェック項目で内臓冷えを判断してみてください。

  • 顔色が悪い・くすんでいる
  • クマができやすい
  • 乾燥肌
  • 爪が弱い
  • 下半身が太い
  • むくみやすい
  • セルライトがある
  • あまり食べなくても太る

チェック項目が多ければ内臓が冷え気味と言えます。
下半身がむくむ原因がわからない、と言う方は、冷え性を改善してみたらスッキリするかもしれません。

下半身痩せに効果的なカリウム・明日葉

下半身は重力の関係で水分や老廃物がたまりやすく、水はけが悪いので、どうしてもむくみやすくできています。
特に女性は、ホルモンの関係で水分を溜めこみやすく、体の巡りを良くするために不可欠な筋肉も少ないので、むくみによる下半身太りがとても多い傾向にあります。

下半身太りの大半はこのむくみが引き金となって起こっているので、お尻、太もも、ふくらはぎ痩せをしたいなら、むくみの解消は必須です。
痩せるのが難しいと言われている下半身ですが、理由は、脂肪燃焼に重点を置いているから。カロリー制限のダイエットだと、むくみの解消には至らず下半身痩せは望めません。
上半身と下半身のバランスの良い体型になるには、下半身の水分代謝を意識することが大切です。
むくみは生活習慣のいたるところに発生原因があるため、日々むくみと格闘している方も多いのではないでしょうか。

  • 立ち仕事、デスクワークで同じ姿勢が続く
  • 外食、やコンビニなどのお総菜を食べる機会が多い
  • アルコールを飲む機会が多い
  • ダイエット中でたんぱく質やビタミン不足に陥っている
  • 冷え症

むくみの発生原因の詳細はこちら

このような原因で下半身太りになっている方は、まずはむくみの解消を試みましょう。
明日葉やカリウムなど、水分代謝を促す摂ることで、下半身太りの根本原因であるむくみを取り除くことができます。

下半身痩せに効果のある成分

明日葉
明日葉の独自成分であるカルコンはセルライトの解消、予防に効果があると注目されています。
カルコンの作用で体内の余分な水分や老廃物の運搬、排出がスムーズになります。
カリウム
カリウムの利尿作用によって体内の余分な水分を排出します。
外食や加工食品を食べる機会が多いとカリウム不足になり、余分な水分が排出されずむくみやすくなります。
メリロート
メリロートは美脚作りで注目されている成分で、特に下半身の巡りを促進させる効果があります。

一種類でも効果がありますが、さまざまなむくみの発生原因に対応するためには複数組み合わせて摂取するのが理想的です。
サプリメントなら、一度に複数種類のむくみ解消成分を取り入れることができるのでお手軽です。

サプリメントを働かせる体内環境を作ろう

病院でもらうお薬や市販の医薬品は、何かの病気による体の不調、症状の治療を目的とするものです。
一方、サプリメントは栄養機能食品、健康補助食品に分類され、食品という位置づけになります。食事で足りない栄養を補うなど、健康習慣へのサポート的役割が強いようです。

サプリメントを上手に利用するためには、ただ飲んでいればいいわけではなく、きちんとその成分を働かせる体内環境にすることが重要です。
健康の基本となる生活が乱れていると、せっかく摂った成分が働かず、無意味なものにしてしまう可能性があります。
サプリは小さい粒に栄養が詰まっていて、カロリーも低く、必要な栄養だけを効率よく補給できる手軽な食品ですが、ビタミン、ミネラル、食物繊維をサプリで補っているからと言って野菜をまったく食べなくても良いと言うわけではありません。
野菜、魚、肉、乳製品などをバランスよく食べ、体にとって不可欠な栄養を吸収し、出すと言う基本的なサイクルができている必要があります。

また、睡眠は新陳代謝を活発にさせ、皮膚や髪の毛など体の組織が作られたり、日中は働き通しで疲れた消化器官を休ませる大切な時間です。寝不足だと体の代謝、回復機能が悪くなり、痩せにくい体になってしまいます。もちろんサプリメントが働くコンデションになりません。

睡眠時間は最低でも6時間は取りたいものですが、長ければよいと言うことではなく、質も重要です。
体の組織を修復&作るためには成長ホルモンが欠かせませんが、睡眠時に分泌されるのは夜の10時から夜中の2時の間と言われています。
10時と言う時間に眠りに就くのは現代人ではなかなか実行できないと思いますが、せめて日付が変わるまでには寝床につきたいものです。
最近ではパソコンやスマホを寝る直前まで使用している方も多いようですが、睡眠の質を下げるので寝る前の使用は避けるのがベターです。

栄養バランスの良い食事、適度な運動、質の良い睡眠が揃えば、サプリメントの効力が十分に発揮されるのです。
健康になるための基本である規則正しい生活は、体のスムーズな代謝を助け、サプリメントをよりよい形で体に取り入れることができます。

また、サプリメントは食品なのでほとんどのものは飲むタイミングについては自由となっています。
ただ、空腹時に飲むといの負担になることがあるので注意が必要です。
当サイトでご紹介している下半身痩せサプリも飲む時間についての決まりはないようですが、 日中、下半身がむくみやすく、解消する暇がない方は朝、昼に飲んで、夕方のむくみの予防を、 お酒を飲んだり塩分の高いものを食べたので明日むくみそう、と感じたら夜寝る前に飲む、など、 目的に合わせて飲む時間を変えてみるのも良いと思います。

▲このページのトップへ